滋賀の「気になるあの郷土料理」を食べてみました!!(`・ω・´)☆浜大津「オカモト水産」さん!

滋賀の「気になるあの郷土料理」を食べてみました!!(`・ω・´)☆浜大津「オカモト水産」さん!

気になるあの郷土料理

兵庫生まれ、兵庫育ち。
大きくなって京都で暮らし。
滋賀にやってきましたよ!!(^^)!
そんな私には、滋賀は「郷土料理」が色々あると耳にしておりました。

まず、うなぎ!
う嵐は有名どころですよね。(`・ω・´)
京都の大学で働いていたとき、超美人秘書さんから教わりました。(*´Д`*)
なかなか予約も取れないですが、子どもが大きくなったら行きたい名店!
…でも皆さん、暮らしてる地元の方をよくよく観察していると、お店で頂くのではなくて
「お店で炭火焼きしたものを買ってお家で頂く」というスタイルが多くて驚きました。
なるほど。
昔、京都では炊くお魚はお家で。でも、自宅で魚を焼く、ということはせずに、仕出し屋さんが焼いたものをいただいたと本で読んだことがあります。
大津市もそのスタイルなのかなぁ。(@_@)(@_@)(@_@)

ゴリゴリゴリ煮!!

さて!
元神戸っことしましては、
そんな数ある郷土料理のなかでも気になるものがあったんです。
海辺の民が、気になるもの!
それは、例のあの郷土料理!!(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)

ごり煮!!!!

神戸は、くぎ煮ってものがありまして。
いかなごのくぎ煮、っていうのかな?
とにかくくぎ煮。
おじゃこよりもう少し厳つい大きい魚の甘辛く炊いたやつです。
だいたい親戚の家に遊びに行くと持たされたりして
「…あたしこれ嫌いなのよね(笑)」
っていいたくなるくらいの確率で出会うこともしばしば。
新鮮な内にいただかないといけないので割とローカルメニューで、他県民の方はご存じないことも多いです。(^-^;)

そんなくぎ煮にそっくりなのが、ごり煮。
くぎ煮嫌いとまでは言いませんが、もうくぎ煮は結構。
成人までに人生のくぎ煮を食べ尽くし嫌気がさした頃。
ななんだこれは!
ごり煮煮であいました。

見た目同じやん!!!(笑)
いや、ちょい小振りか?!

くぎ煮は、ふにゃふにゃしていて、噛み切りにくくて、味も濃くて、でも魚のサイズが大きい分主張もあります。
ごり煮ってなんや!?
お店の方に伺うと、ごりを炊いたものだそうで。
………………。
人間ってだいたい考えること同じね!?(笑)

道の駅やら、いろんなところでチラッと頂いたごり煮。
何だか少しじゃりっとしていたり、甘ったるかったり、お店でかなり味が違います。

私がおじゃましたのは、浜大津すぐのオカモト水産さん。

定休日は、日祝日と他のホームページにはありましたが、火曜日か水曜日もお休みされていることが多いように思います。
お立ち寄りの際は事前にご確認をしてみて下さい。
〒520-0046 滋賀県大津市長等2丁目9−32

美人のちゃきちゃき系看板娘さんと、おっとり系お母様がお店番。
がっちりしたお父さんが炭火に串を刺したウナギを焼いていて、ウナギの美味しすぎる香りが立ちこめています。

こちらのごり煮。
しっとり…ふわっふわ…あまさとしょっぱさのバランスが絶妙。(100グラム600円)
ウナギは、ふわっふわでめちゃかる。(重さによりますが一尾3000円くらい~)
お店には、どんどん地元の方がいらっしゃいます。

ごはんがね、めっちゃすすむ…
もうこれさえあればおかずはいらん?(≧Д≦)(笑)
とにかく、食べ応えが軽いんです!(`・ω・´)
今まで食べてたのは何だか、ベチャベチャしてたかも。。。

ごり煮ってこんなもんか。
ウナギってこんなもんか。
そう思ったことがある方は、是非一度こちらのお店へどうぞ。
びっくりされると思います!!

報告する

関連記事一覧