ニュース

滋賀県警が「可搬式オービス」を通学路や住宅街などに2018年9月下旬から導入するらしい。

滋賀県警が持ち運びできる「可搬式速度違反自動取り締まり装置(可搬式オービス)」を

通学路や住宅街などの狭い道でもスピード違反を取り締まれる装置を

2018年9月下旬から導入します。

地域の住民の方が通学、通勤、買い物などで日常的に利用する道路に

で主に設置するとのこと。

いままで制限速度30km/h以下の生活道路や住宅街でのスピード違反は、

取り締まりが困難でした。

それが可能になるそうです。

また、警察官が取り締まりに4、5人必要だったのが、2人でできるようです。

取り締まりで違反車両のナンバーや運転手を撮影し、

後日、県警が運転手に違反について連絡するということです。

なお、レーダー探知機が車載しているので、大丈夫と思っている方は要注意です。

レーダー探知機による検知が不可能と言われています。

日頃から交通ルールや制限速度を守っていれば、何も恐れることはありませんが・・。

ABOUT ME
滋賀つーしん編集部
滋賀つーしん編集部
当サイトは、閉店開店情報、イベント、グルメ、観光情報を 募集しています。 こちらから情報を提供してくださいね。 もちろん個人の情報提供は大歓迎です。